2015-02-28

HobjectiveRecordと言うCoreData用のライブラリをGitHubに公開して
CocoaPodsにも登録を行ったのでそのメモ

GitHub上のファイル構造

folder

  • HobjectiveRecordはライブラリのコード用フォルダ
  • HobjectiveRecordDemoはライブラリのデモアプリ用フォルダ
  • .gitignore, LICENSE, README.mdは定番ファイル
  • HobjectiveRecord.podspec これがCocoaPodsに登録するために用意するファイル

CocoaPodsへの登録手順

以前はCocoaPodsのSpecsにプルリクで行っていたようだが
今はpod trunkコマンドで行うようになっている

1. podspecファイルの作成

今回はHobjectiveRecord.podspec

1
$ pod spec create HobjectiveRecord

2. podspecファイルの編集

今回はFork元のObjectiveRecordから流用
詳細はここを参考

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
@version = "0.1.4"
Pod::Spec.new do |s|
s.name = "HobjectiveRecord"
s.version = @version
s.summary = "Lightweight and sexy CoreData Library. using NSPrivateQueueConcurrencyType MOC and [performBlock:]"
s.homepage = "https://github.com/hmhv/HobjectiveRecord"
s.license = { :type => 'MIT', :file => 'LICENSE' }
s.author = { "hmhv" => "admin@hmhv.info" }
s.source = { :git => "https://github.com/hmhv/HobjectiveRecord.git", :tag => @version }
s.source_files = 'HobjectiveRecord/**/*.{h,m}'
s.framework = 'CoreData'
s.requires_arc = true
s.ios.deployment_target = '6.0'
end

3. podspecファイルのチェック

1
$ pod spec lint

4. ユーザ登録(端末登録?)

詳細はここを参考

1
$ pod trunk register your@email.com 'your name' --description='my macbook'

5. 登録の確認

登録時のメアドへ確認のメールが来るのでそのメールで確認を行う。
その後以下のコマンドでターミナルでも確認できる。

1
$ pod trunk me

6. podspecファイルのプッシュ

1
$ pod trunk push

これで作成したpodspecファイルがpodspec.jsonファイルに変換されて
CocoaPodsのSpecsに登録される。

後はライブラリを使いたいプロジェクトのPodfilepod 'HobjectiveRecord'を追加すると利用可能になる。

バージョンアップも上の登録手順と同じ

Share

Comments