2015-02-02

Github Pagesって何?

Github Pagesgitのホスティングで有名なGithubが提供する無料のウェブサイトサービスだ。
容量、トラフィック、広告などの制限無しで利用できる。またカスタムURLも無料で利用可能だ。ただサーバ側の処理やデータベースなどは利用できない。

例えばユーザのウェブサイトを作る場合、自分のユーザ名を含めてユーザ名.github.ioというレボジトリを作って、
そのレポジトリにhtml, js, css, イメージファイルなどをアップするとその内容がhttp://ユーザ名.github.ioに表示される。

また標準でruby製のjekyllを利用してウェブサイトやブログをより簡単に管理できる機能も提供している。

Hexoって何?

Hexonode.jsをベースに作られたブログ用フレームワークだ。
Bootstrapを利用したものなど色々なテーマが利用できる。

Github Pages & Hexoでやる理由

一番の理由はMarkdownでブログを作りたかったから。
既存のブログサービスでMarkdownを利用するためには結局一度HTMLに手動で変換後作成する必要があるが、Github Pages用のブログツールは大体Markdownが利用できてそれ以外の制限も少ないように見える。
またruby製のjekyllOctopressなどより有名で沢山使われているツールではなくHexoを選んだ理由は単純にnode.jsベースのツールが使いたかったから。

参考にStatic Site Generatorsで各言語別の静的サイトジェネレータの人気が確認できる。

Github Pages & Hexoの組み合わせでブログを運営する場合、git, Github, node.js, Hexoなど開発関連の知識が必要だが既存ブログサービスよりもっと自由な運営ができそうな気がする。

Share

Comments